沖縄食べ歩きやいろいろのブログ

『今帰仁そば』~風情ある古民家・こだわりの沖縄そばがおいしい~

nakijinsoba-1-01.jpg
今帰仁村諸志の「今帰仁そば」はのどかな風景が広がる集落の中、フクギに囲まれた
古民家の沖縄そば屋さんです。年季は入っていますがとても風情を感じる佇まいの建物と
自家製麺にアグーとかつおを使ったこだわり沖縄そばを楽しむことができます。

nakijinsoba-1-02.jpg
nakijinsoba-1-03.jpg
建物自体はとても年季が入っているように見えますが、白い屋根瓦やところどころに置か
れたオブジェなどがとてもいい雰囲気を醸し出しています。

◆「今帰仁そば」のメニュー
nakijinsoba-1-04.jpg
なんこつソーキ、三枚肉、その2つのミックスと3種類の沖縄そばがあり、単品の沖縄そば
と、じゅーしーとデザートがついたセットがあります。その他黒糖ぜんざいも用意して
います。なんでも自家製麺を使い、あぐーとかつおのスープで仕上げたこだわりの沖縄
そばなのだそうです。

◆「今帰仁そば」のお店の風景
nakijinsoba-1-05.jpg
nakijinsoba-1-06.jpg
nakijinsoba-1-07.jpg
お店の建物は年季を感じさせますが、店内は落ち着いた雰囲気でとても居心地の良い空間
になっています。もともと古い民家だったということもあるかもしれませんが、玄関
らしい玄関はなく、縁側に置かれた下駄箱に靴を置いてお邪魔するような感じです。


◇『今帰仁そば(ミックス)セット』(税抜 850円)
nakijinsoba-1-08.jpg
今回は、なんこつソーキと三枚肉の入ったミックスで、じゅーしーとデザートがついた
セットをお願いしました。しばらくして運ばれてきた今帰仁そばにはじゅーしーと
デザートの黒糖プリンが添えられています。

nakijinsoba-1-09.jpg
nakijinsoba-1-10.jpg
あぐーとかつおでとったダシは透き通った感じで透明感があります。麺の方はやや縮れ
の入った中細の手打ち麺で、もちもちした食感がありとてもおいしいです。
トッピングの方はしょうゆベースで甘辛く煮込まれたなんこつソーキと塩ベースで
あっさりした感じの三枚肉、そしてかまぼこがのせられています。
スープの方はあっさりした上品な味わいで手打ち麺との相性もとてもよくおいしいです。
じゅーしーはひじきや椎茸、ニンジンなどが入れられています。そばのあっさりした
味わいに合うように控えめな味付けになっています。そしてデザートは黒糖プリンで、
今の季節ひんやり冷たいプリンはとてもおいしいですね。デザートまでとてもおいしく
いただきました。

nakijinsoba-1-11A.jpg
今回はランチタイムにミックスそばの方をいただきましたが、こちらのお店はこの4月
から夜間の時間帯にも営業を始められているようで、お店の周りには明かりとなる
ろうそくなども置かれていました。夜の時間は昼とはまた違った表情を見せてくれる
と思います。次回訪問時は是非、夜そばの方をいただいてみたいですね。


nakijinsoba-1-12.jpg
今帰仁そば
住所:沖縄県国頭郡今帰仁村諸志181番地
電話:0980-56-5782
営業時間:11:30~15:00=昼そば=
     17:00~20:00=夜そば=
     (※売り切れ次第終了)
定休日:火曜日・第4水曜日
フェースブック:https:www.facebook.com/nakijinsoba
web拍手 by FC2
  1. 2017/08/17(木) 23:00:00|
  2. 古民家食堂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

『田空食堂』~地元で採れた沖縄野菜を使った料理を味わう~

denkuushokudou-1-01.jpg
本部町具志堅の「田空食堂」は田空の駅ハーソー公園内に位置するお店です。田空の駅
ハーソー公園は「本部半島地区田園空間博物館整備事業」で整備した施設で、園内では
山羊や馬などが飼育されていたり、年間契約の貸農園の風景が広がっていたりと昔ながら
の農村風景と近代的な施設を融合した場所です。ちなみに「田空」は田園空間整備事業
を略しているのだそうです。

denkuushokudou-1-02.jpg
denkuushokudou-1-03.jpg
田空の駅ハーソー公園は国道505号線に面した場所に位置し、レストラン売店の他、広大
な面積の貸農園や貯水池がある一大施設です。施設内では複数箇所で山羊が飼育されて
いたりとのどかな風景を楽しむことができます。今回訪問する「田空食堂」は入り口
入ってすぐの建物の中にあります。

denkuushokudou-1-04.jpg
その建物にはレストランのほかお土産物などを販売する売店もあります。また、建物の
横には石窯も置かれていてバーベキューをすることもできるようです。
ちなみに「ハーソー」とはこの辺りを流れる川の流域を表す言葉なのだそうです。
敷地内のその他の風景は後ほど紹介したいと思います。

◆「田空食堂」のメニュー(クリックで大きく表示)
denkuushokudou-1-05.jpg
田空食堂のメニューは定番の沖縄そばをはじめ、ヤギを使った料理や沖縄家庭料理の豆腐
やフーチバを使ったメニューやみそ汁などを用意しています。人気はソーキそばをはじめ
沖縄そばが人気のようですが、その次にはヤギ汁が上位に入ってくるようです。

denkuushokudou-1-06.jpg
先ほどの画像ではちょっと見にくいかもしれませんので、メニューの箇所だけを集めて
みました。
なお、料理を注文された方にはもれなくサラダバーとドリンクバーがつくようです。
ちなみに注文はお店入り口の売店レジで注文と会計を先に済ませてから適当に席で待って
いると料理が運ばれてくるというシステムになっています。

◆「田空食堂」のお店の風景
denkuushokudou-1-07.jpg
denkuushokudou-1-08.jpg
建物内の食事スペースは田舎の食堂といった感じの佇まいで、気軽に入れる雰囲気を醸し
出しています。店内は結構広く、テーブル席のほかに畳の間もあります。

denkuushokudou-1-09.jpg
また、食事をされる方に限りサラダバーやドリンクバーを利用することができます。
お店の入り口付近にそのコーナーがあります。どれも地元の野菜を使ってアレンジした
ものばかりのようで、この日提供されていたものはポテトサラダにミニキュウリ、
島らっきょうのキムチ漬け、ツルムラサキ、ウンチェーバー、セリ、ベビーリーフでした。
ドリンクはジンジャーティー、ミントティー、レモングラスティー、ハママーチティー
でした。

◇「豆腐チャンプルー定食」(650円)
denkuushokudou-1-10.jpg
今回は定食の中から「豆腐チャンプルー定食(650円)」をお願いしました。定食が届く
までの間サラダバーのサラダとドリンクのハママーチティーをいただきます。
地元の野菜で作られたサラダはやはり沖縄らしくけっこう個性的です。島らっきょうの
お漬け物はお酒にとても合いそうですね。

denkuushokudou-1-11.jpg
しばらくすると「豆腐チャンプルー定食」が運ばれてきました。パパイヤ、ニンジンの
炒め物、ご飯が添えられています。

denkuushokudou-1-12.jpg
denkuushokudou-1-13.jpg
豆腐チャンプルーはメインは島豆腐ですが、その他にキャベツやニンジンタマネギニラ
などかなりたくさんの種類の野菜も入れられていて、大変盛りだくさんの内容になって
います。味付けもチャンプルー定番の味付けでシンプルではありますが、とてもよく
合っています。ドリンクバーのお味噌汁も合わせていただきとてもおいしくいただき
ました。
今回は定食の中から豆腐チャンプルー定食をいただきましたが、お店の人気メニューと
いうヤギ汁も気になります。一般的には好みが分かれるところではありますが、どんな
感じなのか一度いただいてみたいですね。


◆「田空の駅ハーソー公園」の風景
denkuushokudou-1-14.jpg
denkuushokudou-1-15.jpg
田空の駅ハーソー公園の広大な敷地には貸し農園だけでなく、ヤギ小屋や休憩スポット
などいろいろな景色を楽しむことができます。

denkuushokudou-1-16.jpg
施設内には小川が流れていますが、こちらの貯水池から水が引かれているようです。

denkuushokudou-1-17.jpg
また、施設内に複数箇所あるヤギ小屋の他に馬が飼育されている場所もあり、とても
のどかな風景が広がっています。施設内をいろいろ散策して、のんびりしてみるのも
いいかもしれませんね。


denkuushokudou-1-18.jpg
田空食堂・田空の駅ハーソー公園
住所:沖縄県国頭郡本部町具志堅1334
電話:0980-48-3835
田空食堂 営業時間:11:00~15:00
田空の駅ハーソー公園 営業時間:10:00~17:00
定休日:火曜日
ホームページ:http://denkuu.okinawa
web拍手 by FC2
  1. 2017/08/06(日) 15:00:00|
  2. 沖縄食堂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

『やまや』~いつも地元の人で賑わう沖縄そば屋~

yamaya-1-01.jpg
名護市宮里の「やまや」は21世紀森の公園から程近い、野球場のすぐ近くに位置する沖縄
そば屋さんで、いつも地元の人や家族連れで賑わっています。赤瓦の屋根が印象的な、
とても雰囲気の良いお店です。

◆「やまや」のメニュー
yamaya-1-02.jpg
壁に貼られたこちらが「やまや」のメニューですが、非常にシンプルなメニューになって
います。ソーキか三枚肉のそばの二択になります。サイドメニューにご飯やじゅーしーも
あります。それと家族連れが多いからかカレーライスも加えられています。

◆「やまや」のお店の風景
yamaya-1-03.jpg
入り口から入って手前はテーブルの席になっていて、奥が畳の間になっています。とても
雰囲気良くまとめられていて、ついつい長居をしてしまいそうな感じの店内です。
お店のすぐ目の前が野球場ということもあり、毎年冬にキャンプを行う日本ハムの方の
サインが多数飾られていました。

◇「ソーキそば」(650円)
yamaya-1-04.jpg
今回は2種類の沖縄そばのうち、「そーきそば(650円)」をお願いしました。
運ばれてきたソーキそばにはダイコンのお漬け物とシークヮーサーゼリーが添えられて
います。

yamaya-1-05.jpg
yamaya-1-06.jpg
透き通った感じのスープはカツオベースのスープであっさり目の味付けですが、程よい
塩梅に仕上げられていてなかなかおいしいです。自家製麺という麺は中細の麺でしっかり
とした歯ごたえが感じられ、意外とボリューム感があります。その上にはやや大きめの
ソーキが4個のせられています。しょうゆベースの甘辛い味付けでスープととてもよく
あっておいしいですね。
付け合わせのダイコンのお漬け物はいいアクセントになっています。
そしてシークヮーサーゼリーはさわやかで涼しげな味わいが今の季節にはぴったりです。
シークヮーサーゼリーまで全ておいしくいただきました。
今回はソーキそばをいただきましたが、なかなかバランス良くておいしかったです。
次回訪問するときにはもう一方の三枚肉そばの方をいただいてみたいと思います。


yamaya-1-07.jpg
やまや
住所:沖縄県名護市宮里3-29-15
電話:0980-52-6558
営業時間:11:00~15:00
定休日:月曜日
web拍手 by FC2
  1. 2017/08/01(火) 23:00:00|
  2. 沖縄そば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『ぬーじボンボン Z」~街の古民家洋食屋さんの洋食が絶品♪~

nuujibonbonZ-1-01.jpg
那覇市楚辺の「ぬーじボンボン Z」はおいしい洋食がいただけることで知られた人気店
です。沖縄県庁からも近い場所に位置し、都会的な街並みが続く一角の小さな一軒家に
お店があります。

nuujibonbonZ-1-02.jpg
さすがに那覇は都会ですので、駐車場事情は厳しいようです。こちらのお店では4台分の
駐車スペースを用意しているようですが、いっぱいになればコインパーキングを利用する
ことになるようです。

◆「ぬーじボンボン Z」のメニュー(クリックで大きく表示)
nuujibonbonZ-1-03.jpg
nuujibonbonZ-1-04.jpg
けっこうな種類の洋食のメニューを用意しています。ハンバーグステーキや欧風黒カリー
にサーロインレア牛カツなど本格的な洋食の数々をラインナップしています。なお、洋食
以外のメニューもあり、生麺を使った沖縄そばや欧風黒カリーを使ったまぜ麺なども用意
しています。なんでもお店の名前の「ぬーじボンボン Z」ですが、「虹(ぬーじ)」と
「ボンボン(てんとうむし)」にももいろクローバーZの「Z」が合わさった店名なのだ
そうです。店内にはももいろクローバーZのポスターも貼られていました。

◆「ぬーじボンボン Z」のお店の風景
nuujibonbonZ-1-05.jpg
nuujibonbonZ-1-06.jpg
都会の一角に位置するお店ですが、普通の一軒家といった佇まいです。一般のお宅に
お邪魔するような感じで、玄関から靴を脱いで上がり、テーブルの席や畳の間で食事を
いただきます。

nuujibonbonZ-1-07.jpg
お店にはカウンター席もあり、今回はそちらでいただくことにしましたが、テーブルには
なにやら見慣れない調味料がありました。カレーの辛さを強くしたいときに入れるもの
なのだそうですが、ウスターソースをベースに唐辛子が加えられた調味料のようです。


◇「チーズ黒焼きカレー」(850円)
こちらのお店のカレーは「那覇カレーグランプリ」で連覇したこともあるという一品です。
その中でも人気No.1が今回お願いした「チーズ黒焼きカレー」です。ちなみに辛さは1辛
~10辛まで選べます。カイエンペッパースパイスを加える量を調整するようですが、今回
は一番下の1辛でお願いしました。

nuujibonbonZ-1-08.jpg
ランチタイム(11:30~15:00)はカレーを注文するとサラダがついてくるということで、
まずはサラダが運ばれてきました。サラダがついてくるとなんだかちょっと得した気分
になります。

nuujibonbonZ-1-09.jpg
その後しばらくして運ばれてきた欧風黒カレーは本当に濃い色のカレーの上にとろける
チーズ、さらにその上には温泉玉子がのせられています。耐熱容器に入れられていて
オーブンで焼いた焦げた感じがとてもいいですね。

nuujibonbonZ-1-10.jpg
上に乗せられた温泉玉子を崩していただきます。県産和牛を使って煮込んだという黒カレー
はとてもいい味を出していて、温泉玉子が加わるとよりまろやかな感じになります。
辛さは1辛をお願いしたこともあってとても控えめな辛さです。あっという間にすべて
おいしくいただきました。
欧風黒カレーは看板メニューだけあってとてもおいしかったですね。カレー以外でも洋食
のメニューがいろいろあるので次回訪問時には他のメニューもいただいてみたいと
思います。

nuujibonbonZ-1-11.jpg
ぬーじボンボン Z
住所:沖縄県那覇市楚辺3-1-40
電話:098-832-8415
営業時間:ランチタイム:11:30~15:00(L.O.14:30)
     ディナータイム:17:30~
定休日:火曜日
web拍手 by FC2
  1. 2017/07/26(水) 23:00:00|
  2. 洋  食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

『Lequio Terrace漢那』~新鮮な魚介類を炭火浜焼きで味わう~

lequioterracekanna-1-01.jpg
宜野座村漢那の「Lequio Terrace(レキオテラス)漢那」は宜野座村漢那漁港内に位置する
お店です。海人(漁師)が経営する海鮮食堂で、カキ、活サザエ、活伊勢エビ、活魚などの
炭火浜焼きバーベキューを楽しむことができます。

lequioterracekanna-1-02.jpg
lequioterracekanna-1-03.jpg
宜野座村漢那漁港はそれほど規模は大きくありませんが、沖縄では一般的な感じの漁港で
港には漁船が多数泊められており、すぐ横には関連の施設が建てられています。
お店はこの施設の一角にあります。

◆「Lequio Terrace漢那」のメニュー
lequioterracekanna-1-04.jpg
なんといってもお店の一押しは「海鮮炭火浜焼き」でしょう。カキや活サザエなどの炭火
焼きバーベキューを楽しむことができます。サザエや島ダコ、地魚はお店の方が直接海に
出てとったものを提供してくれています。中でも一押しはサザエだそうで一番人気なの
だそうです。ただ、カキは基本的には沖縄ではとれないそうで、全て内地から仕入れて
いて、沖縄のお客さんにカキを楽しんでもらうために提供しているのだとか。
そして最近では伊勢エビもレパートリーに加えているとのことです。その他マグロや地魚
を使った定食類も提供しています。

◆「Lequio Terrace漢那」のお店の風景
lequioterracekanna-1-05.jpg
lequioterracekanna-1-06.jpg
お店は沖縄では一般的な漁港の建物という感じの佇まいになっています。テーブルが並べ
られた横には水槽も置かれています。
しかし、バーベキューとなればやはり屋外のテラスの方がいいですね。建物の横にテーブ
ルがいくつか並べられていてそちらでバーベキューをすることができます。

◇「カキ500グラム」と「島ダコ」の海鮮炭火浜焼き
lequioterracekanna-1-07.jpg
lequioterracekanna-1-08.jpg
お店の一押しはサザエでしたが、前日に団体客が入り品切れしているということで、
今回は「カキ500グラム(税別800円)」と「島ダコ(税別600円)」をお願いしました。
炭火をおこしますので少々時間はかかりますが、しばらく待ってからカキと島ダコが
運ばれてきました。

lequioterracekanna-1-09.jpg
さて、これから焼いていくのですが、お店の方から教えてもらったカキの焼き方は、
①平らな面を下にして網の上に置き、②鉄のふたをし約4分蒸し焼き、③その後平らな殻
を軍手と殻はずし用の道具で外し、上を向けて火にかけ、ぐつぐつしてから1分30秒ほど
たてば食べごろとのことです。

lequioterracekanna-1-10.jpg
出来上がったカキはポン酢やしょうゆをお好みでかけていただきます。内地から取り寄せ
ているカキではありますが、とてもクリーミーでおいしいです。火の入れ方はちょっと
難しいかもしれませんが、火を入れすぎないようにすればとてもおいしいですね。

lequioterracekanna-1-11.jpg
そして次に島ダコをいただきます。備え付けのはさみで適当な大きさにカットし、やや
焦げ目がつくまで炙り、焼き上がればポン酢やしょうゆを垂らしいただきます。
このタコは新鮮だからなのか弾力がすごいですね。ちょっと大きめに切ってしまったので
やや苦戦しましたが、最後は全ておいしくいただきました。

このように海の幸を炭火焼きバーベキューでいただくというのはなかなか面白いもの
ですね。今回はカキと島ダコをいただきましたが、次回訪問時は一押しの活サザエや、
可能であればエビなどもいただいてみたいですね。

lequioterracekanna-1-12.jpg
Lequio Terrace漢那
住所:沖縄県国頭郡宜野座村漢那1703-4 漢那漁港内
電話:090-8844-1958
営業時間:11:00~18:00(夜間は要予約)
定休日:火曜日(火曜日が祝祭日の場合は翌平日)
お店のHP:http://www.lequionesia.asia
web拍手 by FC2
  1. 2017/07/19(水) 23:00:00|
  2. 海鮮食堂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

カテゴリ

★沖縄本島北部★ (1)
★沖縄本島中部★ (1)
★沖縄本島南部★ (1)
おしゃれカフェ (57)
眺めカフェ (44)
沖縄そば (69)
沖縄食堂 (40)
海鮮食堂 (48)
ハンバーガー (11)
ラーメン (17)
カレー (12)
古民家食堂 (4)
和  食 (4)
洋  食 (16)
中  華 (6)
その他 (18)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

のり

Author:のり
沖縄の北部を中心に素敵なお店やおいしいお店、沖縄のいろいろを紹介できればと思います。不定期ですが、良ければ見てください。

FC2カウンター

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR