沖縄食べ歩きやいろいろのブログ

緑豊かな大自然の中をトレッキング~『比地大滝』を訪ねて~

比地大滝1
沖縄本島北部のやんばるには緑豊かなジャングルや手つかずの自然が数多く残されて
います。
国頭村の「比地大滝キャンプ場」は清流の横でキャンプを楽しんだり、川沿いに設置
された遊歩道で森の中を散策できるスポットです。その遊歩道の先は沖縄本島で最も
水量の多い「比地大滝」へとつながっています。大滝へは山道を約40分(1.5km)歩くと
たどり着くことができます。

比地大滝2
比地大滝キャンプ場入り口にはログハウス調の管理棟があり、こちらで入場料を支払い
してからキャンプ場へ入ります。また、管理棟の建物内には「比地カフェ」があり、
軽食やぜんざいなどのデザートをいただくことができます。

比地大滝3
入場料は大人500円、子ども(中学生以下)300円、テントの1張1泊2,000円になっています
が、国頭村在住者はもっと安い別料金が設定されているようです。

比地大滝4
入り口には「利用者の心得」として注意事項が記載されています。遊歩道が整備されて
いるとはいえ大滝まで片道約40分間山道を歩くので、ある程度の体力は要求されます。
また、こちらのキャンプ場は外国人の方にも人気のようで、英語の説明書きもあちこちに
掲載されています。この日も半数以上の方が外国人の方々で、家族で来られている方が
たくさんおられました。

比地大滝5
比地大滝6
管理棟からすぐの場所はキャンプ場になっていて、テントを張るための木の台がいくつも
置かれています。その近くにはバーベキューができる建物もあります。
ここから先は「比地大滝」まで遊歩道が続いていきます。ちなみにトイレはキャンプ場に
ある他は途中に簡易トイレが1カ所あるのみなのでこちらで済ませる必要があります。

比地大滝7
大滝までの道中には見所がたくさんあります。比地大滝キャンプ場に入場するともらえる
パンフレットを少しアレンジしておおよその場所が分かるように工夫してみました。
その中で特に印象的な場所をいくつかピックアップします。これら以外の写真は一番最後
で紹介したいと思います。

①「比地川砂防ダム」
比地大滝8
集中豪雨の時などの調整用のダムなのだそうですが、なんといってもこのデザインは
特徴があります。元々は普通のダムの形状だったようですが、キャンプ場や遊歩道の
整備に合わせて平成10年にこの形にデザインを変更したようです。

②「比地大滝つり橋」
比地大滝9
比地大滝10
歩行者専用のつり橋は長さ約50Mあり、橋の上からはジャングルを流れる川を見ることが
できます。ここからの眺めは素晴らしいです。

③「ところどころに設置された休憩所」
比地大滝11
比地大滝12
大滝までの道のりは少しありますので、道中にはこのような休憩所も設けられています。
すぐそばに流れる川の音を聞きながら一休みするのもいいものです。この他にも簡易の
ベンチもいくつか設置されています。

④「比地大滝」
比地大滝13
そして終点にたどり着くと滝が姿を現します。滝を見るとここまで歩いてきた疲れを
忘れさせてくれます。ただ、以前は滝壺の近くまで遊歩道があったようですが、先の
台風で流されてしまい、近くまで行くことはできなくなっています。
復旧のめども立っていないとのことでその点はちょっと残念でした。

比地大滝14
さて、大滝まで約40分の道のりをまた引き返してきて管理棟まで戻ってきました。
この建物内にある「比地カフェ」でちょっといただいてみることにしました。

比地大滝15
比地大滝16
比地大滝17
お店はログハウス調のとても雰囲気のいい感じで、店内の他に店外のテラスでも食事を
することができます。

◆「比地カフェ」のメニュー
比地大滝18
食事メニューとしてはカレー、やきそば、沖縄そばとなります。その他ぜんざいなどの
スイーツにドリンク類があります。
今回はこの中から『INDIANカレー定食(700円)』を注文しました。

          ◇          ◇          ◇

比地大滝19
しばらくして運ばれてきた「INDIANカレー定食」は日によって内容が変わるようですが、
この日は「チキンカレー&ダルカレー」です。タイ米に黒米を混ぜて炊いたものと小さめ
のナンが添えられています。

比地大滝20
カレーはチキンがごろんと入った割とスパイシーなカレーと、もう一つはそれとは対照的
に豆の味わいが前面に出たとても素朴な味わいのダルカレーになっています。
対照的な味わいのカレーを交互にいただくと変化があっていいですね。
ちなみにお店の中には使用している食材の産地が記載された黒板が置かれていました。
海外の食材も使用しているようですが、豚肉や卵、野菜類は原則県産、国頭、大宜見産
を使用しているようです。

比地大滝21
折角なので『比地カフェ特製ぜんざい(380円)』+『ミニアイストッピング(100円)』
をお願いしました。
かき氷に小豆、きな粉に白玉とオーソドックスなぜんざいに黒糖のミニアイスがのせられ
ています。
黒糖の味わいとぜんざいがよくマッチしてなかなかおいしいです。
しばらく山道を歩いてきた後にいただくぜんざいは格別なものがありますね。

比地大滝22
緑豊かな森の中のトレッキングは心身ともにリフレッシュされてとても気持ちがいいもの
です。またあの滝を見に訪れてみたいものですね。


比地大滝キャンプ場
住所:沖縄県国頭郡国頭村比地781-1
電話:0980-41-3636
入場時間:4~10月:9:00~16:00
     11~3月:9:00~15:00
web拍手 by FC2
ここからは遊歩道沿いの様子をいくつか掲載します。

⑤「遊歩道」
比地大滝A01
川沿いの遊歩道は地形のアップダウンの影響を受けますが、歩きやすいように迂回路も
作られています。

⑥「遊歩道」
比地大滝A02
足場の悪い場所などは階段が設置されているのでとても歩きやすくなっています。

⑦「つり橋近くの休憩所」
比地大滝A03
つり橋手前にある休憩所ですが、コースからはずれていてこの先が行き止まりなので
あまり人が来ないようです。

⑧「遊歩道にところどころあるベンチ」
比地大滝A04
遊歩道沿いには途中でちょっと休憩ができるようにところどころベンチが設置されて
います。

⑨「遊歩道」
比地大滝A05
遊歩道沿いは携帯が使える場所があるようで、万が一の時には役に立ちそうです。

⑩「炭焼き釜跡」
比地大滝A06
遊歩道沿いに昭和初期の頃のものという釜の跡がいくつかあります。

⑪「大滝の近く」
比地大滝A07
滝が近づくにつれて地形もダイナミックになってきます。



比地大滝A08
大滝まで約40分のトレッキングで汗を流し、滝のそばでマイナスイオンを感じて
リフレッシュするのもいいものです。また晴れた日に訪問したいですね。
スポンサーサイト
  1. 2014/06/12(木) 18:00:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<『まぐろ食堂』~泊いゆまちで新鮮なマグロを味わう~ | ホーム | 『ピパーチキッチン』~小さなゴハン屋さん☆県産食材を使ったランチが人気です~>>

コメント

行きました。

比地大滝、5月に遊びに来てくれた友人と一緒に行きましたよ。屋宜家さんへ行った翌日でした。とてもすてきな所ですね。橋からの眺めも、滝の流れも美しかったです。のりさんの写真はとてもきれいで、感動した風景そのままみたいです!
滝壺へ行けなかったのは残念だったのですが、台風被害があったのですね。お弁当もおやつも持参で行ったのでカフェには入りませんでしたが、なにやら雰囲気も食べ物もよさそうですね!アイスクリームの乗ったぜんざいおいしそう。。。また行きたくなりました!花より団子になるかもしれませんが。^^;
  1. 2014/06/12(木) 22:58:01 |
  2. URL |
  3. Kumi #M4hgSEIw
  4. [ 編集 ]

おはようございます。ぜんざいなんですよね?大阪のぜんざいと全く違いますね。暖かい沖縄ならではのぜんざいですね。大阪のぜんざいの食べに来てください。写真をいっぱい載せてくれてるので、私も楽しめました。ありがとうございます。
  1. 2014/06/13(金) 08:07:06 |
  2. URL |
  3. ピーちゃんこ #SJMMuUIM
  4. [ 編集 ]

また訪問したくなります

Kumiさん!!
こんばんは!!
コメントありがとうございます!!

5月に行かれたのですね。お弁当持参で行くとピクニック気分が味わえてとてもいいですね。
キャンプ場の雰囲気がとてもよかったのでお弁当もきっとおいしいはずです。
自分もまた晴れた日に訪問したいですね。
  1. 2014/06/13(金) 21:22:11 |
  2. URL |
  3. のり #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます

ピーちゃんこさん!!
こんばんは!!
コメントありがとうございます!!

沖縄でぜんざいといえばつめたいぜんざいのことを指します。あたたかいぜんざいもあることはありますが希ですね。暖かい沖縄ならではといったところでしょうが時々温かいぜんざいも食べたくなります。
大阪に帰省した際には温かいぜんざいをいただいてみたいですね。
  1. 2014/06/13(金) 21:24:33 |
  2. URL |
  3. のり #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishinori01.blog.fc2.com/tb.php/295-362ee99d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

★沖縄本島北部★ (1)
★沖縄本島中部★ (1)
★沖縄本島南部★ (1)
おしゃれカフェ (58)
眺めカフェ (44)
沖縄そば (69)
沖縄食堂 (40)
海鮮食堂 (48)
ハンバーガー (11)
ラーメン (17)
カレー (12)
古民家食堂 (4)
和  食 (4)
洋  食 (16)
中  華 (6)
その他 (18)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

のり

Author:のり
沖縄の北部を中心に素敵なお店やおいしいお店、沖縄のいろいろを紹介できればと思います。不定期ですが、良ければ見てください。

FC2カウンター

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR