沖縄食べ歩きやいろいろのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『古宇利オーシャンタワー』~古宇利島に新名所誕生です(後編)~

古宇利オーシャンタワー1

今帰仁村古宇利の「古宇利オーシャンタワー」は2013年11月23日に古宇利島にオープン
した新施設です。(前編)では入園からシェルミュージアム、展望タワーの様子までと
来ましたが、(後編)ではパーラーやお土産品店、レストラン「オーシャンブルー」の
様子までと続いていきます。

古宇利オーシャンタワー2
古宇利島は屋我地島の沖合に位置する離島ですが、平成17年に「古宇利大橋」が開通して
から車で行けるようになり、今ではたくさんの人が観光などで訪れる場所になっています。
古宇利大橋はロケーションが良く人気のスポットですが、「古宇利オーシャンタワー」
はその橋からよく見える真正面の位置にあります。

◆お土産品店「ショップ&ファクトリー」
古宇利オーシャンタワー3
展望タワーから降りてくると隣の建物、お土産品店の「ショップ&ファクトリー」に
移っていきます。その前にこの左手には「おっぱジェラート」などを扱うパーラーが
ありますが、こちらは後で立ち寄ることにしました。

古宇利オーシャンタワー4
「ショップ&ファクトリー」は観光地では普通にあるお土産品店と同じ雰囲気のお店に
なっていますが、店名に「ファクトリー」とあるように、お店の一角に小さな工場が
併設されています。

古宇利オーシャンタワー5
古宇利オーシャンタワー6
こちらの工場では古宇利島にちなんだ食材を使ったスイーツを作っています。
「タワーロールケーキ」「カボニー」「古宇利アイランドクッキー」の3種類だそうです。
古宇利島は土壌の関係でカボチャの生産が盛んなようで、ロールケーキとカボニーは
カボチャを使っているようです。他では買えない限定のお土産品があるのはうれしい
ですね。

◆レストラン「オーシャンブルー」
古宇利オーシャンタワー7
お土産品店の建物を抜けると次はレストランの建物になります。「オーシャンブルー」
という名前のレストランは2階建てでテラス席もあり、かなりの数のお客さんにも対応
できるようになっています。

古宇利オーシャンタワー8
メニューはピザとカレーをメインに提供しています。500度の高温で焼き上げるピザ釜が
あるようで、こちらのお店の一押しのようです。この日はオープン初日だったので準備中
のメニューもありましたが、提供しているメニューは、

 □ グリーンカレー(チキン) 980円
 □ イエローカレー(チキン) 980円
 □ 島アグーとたっぷり野菜のピッツァ M:1,200円、L:2,300円
 □ 島豚とイタリアンバジルのピッツァ M:1,100円、L:2,100円
 □ グリーンサラダ 700円

などです。今回はこの中から『島豚とイタリアンバジルのピッツァ(M)(1,100円)』と
ドリンクに『イタリアンソーダ(マンゴー)(470円)』を注文しました。

古宇利オーシャンタワー9
店内は白を基調にした洋食レストランといった感じの雰囲気になっていて、入り口を
入ってすぐの所に大きな樹木のオブジェが置かれています。
この日はちょうどお昼時だったこともありかなり混み合っていたのですが、テラス席は
空いているということで、それと天気も良かったのでテラス席で食事をさせてもらうこと
にしました。

古宇利オーシャンタワー10
古宇利オーシャンタワー11古宇利オーシャンタワー12
テラス席の方はブラウンの色調のウッドデッキになっていて目の前に施設の庭、そして
その向こうには海を見ることが出来ます。古宇利大橋もよく見える位置でとても眺めが
いいですね。

古宇利オーシャンタワー13
最初に「イタリアンソーダ」その後しばらくして「島豚とイタリアンバジルのピッツァ」
が運ばれてきました。500度の高温釜で焼き上げたというピッツァは程よく焼き色が
ついておいしそうなビジュアルになっています。

古宇利オーシャンタワー14
古宇利オーシャンタワー15
ピッツァの方は厚めの生地になっているように見えますが、2層構造になっていて下の
生地にも上と同様に具材とチーズが盛りつけられています。具材は島豚のやや厚手に
カットされたお肉にタマネギ、そして上にはバジルがのせられています。上下とも
チーズがたっぷりめに使われているのでピザのサイズよりだいぶボリュームがあります。
イタリアンソーダの方はマンゴーですが、一般のマンゴージュースのような感じではなく
マンゴー感控えめの大人のソーダといった感じの味わいです。
ピッツァは結構なボリュームがありましたがとてもおいしくいただきました。


◆パーラー
古宇利オーシャンタワー16
最後にショップ&ファクトリーの前にあったパーラーへ立ち寄りました。
オッパジェラートタピオカドリンクなどが味わえます。

古宇利オーシャンタワー17古宇利オーシャンタワー18
メニューはシンプルでソフトクリーム 300円、ジェラートアイス(大) 300円、
ジェラートアイス(小) 200円、コーン 250円などとなっています。
折角なので『ジェラートアイス(大)パインヨーグルト(300円)』をいただきました。

古宇利オーシャンタワー19
まったりした食感のジェラートにパインの甘酸っぱい味わいがプラスされてなかなか
おいしいです。
こちらの施設は入園料はかかりますがきれいな貝殻の展示や展望タワーなど見所満載
なので、古宇利島までドライブした際にはまた訪問してみたい場所ですね。


古宇利オーシャンタワー20
古宇利オーシャンタワー

住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利538番地
電話:0980-56-1616
営業時間:9:00~18:00
定休日:無休
入園料:大人:800円、中・高校生:600円、小学生:300円
施設のHP:http://www.kouri-oceantower.com/
web拍手 by FC2
スポンサーサイト
  1. 2013/11/25(月) 21:00:00|
  2. 今帰仁村
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

『古宇利オーシャンタワー』~古宇利島に新名所誕生です(前編)~

古宇利オーシャンタワー1

今帰仁村古宇利の「古宇利オーシャンタワー」はパイナップルパークで知られる
名護パイン園が2013年11月23日に古宇利島にオープンさせた新施設です。
1万点以上の貝殻の展示や周囲を見渡せる展望タワーなど見所満載の施設なので
早速訪問してみました。

古宇利オーシャンタワー2
こちらの施設は有料になっていて、駐車場横にある「総合受付」で入場券を購入します。
大人 800円、中・高校生 600円、小学生 300円、小学生未満 無料となっています。

古宇利オーシャンタワー3
受付から先へ進むとカート乗り場があります。こちらに一組ずつ乗り込み施設建物まで
移動していきます。施設までは10分弱のドライブになります。

古宇利オーシャンタワー4
古宇利オーシャンタワー5古宇利オーシャンタワー6
古宇利オーシャンタワー7
カート乗り場には上から水が流れ落ちる場所があり、その周りをカートに乗って移動して
いくように演出されています。
パイナップルパークと同様、このカートはなかなか利口でくねくねと曲がりくねった園内
を全自動無人運転で進んで行きます。移動中は古宇利島の観光案内が流れて楽しめる
ようになっています。

古宇利オーシャンタワー8
カートの終点は「タワー&シェルミュージアム」の入り口になります。
ここから施設内へ入っていくのですが、道なりに進んでいくとすべてのポイントを見る
ことが出来るようになっています。


◆◆ シェルミュージアム ◆◆
古宇利オーシャンタワー9
古宇利オーシャンタワー10古宇利オーシャンタワー11
古宇利オーシャンタワー12古宇利オーシャンタワー13
古宇利オーシャンタワー14
まず最初に通る「シェルミュージアム」は1万点以上にも上る国内外の貝殻が展示されて
います。ものすごい数の貝殻がショーケース内に入れられていて、中にはとても珍しい
貝殻もあるようです。

古宇利オーシャンタワー15
古宇利オーシャンタワー16古宇利オーシャンタワー17古宇利オーシャンタワー18
古宇利オーシャンタワー19
きれいな貝殻は見ているだけで楽しいですが、カラフルな貝殻に下から照明を当てるなど
の演出をしている場所もあり、幻想的な雰囲気も楽しめるようになっています。

古宇利オーシャンタワー20
古宇利オーシャンタワー21
ミュージアムを抜けると次は珊瑚を展示するショーケースが置かれた場所に進みます。
その横には貝殻や貝殻を使ったアクセサリーなどを販売するショップがあります。
一部ですが、ミュージアムで展示していたものと同じ種類の貝殻をこちらで購入すること
ができます。


◆◆ 展望タワー ◆◆
古宇利オーシャンタワー22
ショップを抜けると展望タワーへ上がるエレベーター乗り場へ出てきます。
また、この場所には古宇利島の歴史や文化、神事などを記したパネルが展示されていて
古宇利島の人たちの生活の様子や神事の様子、古宇利大橋が出来る前の様子など写真付き
で解説されています。

古宇利オーシャンタワー23
古宇利オーシャンタワー24古宇利オーシャンタワー25
エレベーターで展望タワーへ上がると周囲の様子が遠くまで見渡せるようになっています。
周囲のエメラルドブルーの海が一望できますし、古宇利大橋の全景も見ることが出来ます。
ここからの眺めはとても素晴らしいですね。

展望タワーから降りてくるとオッパジェラートなどを提供するパーラー、お土産品の
販売店、レストラン「オーシャンブルー」へとつながりますが、そちらは次回の(後編)で
紹介したいと思います。


古宇利オーシャンタワー

住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利538番地
電話:0980-56-1616
営業時間:9:00~18:00
定休日:無休
入園料:大人:800円、中・高校生:600円、小学生:300円
施設のHP:http://www.kouri-oceantower.com/
web拍手 by FC2
  1. 2013/11/23(土) 22:00:00|
  2. 今帰仁村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

『カフェ イチャラ』~森の空気と小鳥のさえずりを感じながらくつろげるカフェです~

イチャラ1

本部町伊豆味の「イチャラ」は伊豆味の山の中にあるカフェです。幹線道路である伊豆味
線から程近い場所にありますが、驚くほど静かで小鳥のさえずりが聞こえてくる素敵な
お店です。開放的なウッドテラスでお店自慢の石窯ピッツアや自家製カレーをいただく
ことができます。

イチャラ2
こちらのお店は「くばや~」というお店でしたが、この11月1日からお店はそのままで
店名だけを「イチャラ」へ改名したそうです。もともと前オーナーの店名をそのまま
使っていたそうですが、現在のオーナーへ変わってから3年以上経つのでお店の名前を
変えることにしたそうです。「イチャラ」という店名は『出会い』という意味で、人
との出会い、自然との出会いを大切にしたいという思いが込められているようです。


◆「イチャラ」のメニュー(クリックで大きく表示)

イチャラ3イチャラ4
イチャラ5イチャラ6
メニュー構成は以前とほぼ同じ構成のようです。石窯で焼く5種類のピザの他に
オリジナルナンカレーや海ぶどうサラダなどを用意しています。

 □ イチャラピザ (大):2,500円  (小):1,300円
 □ ご~や~ピザ (大):2,600円  (小):1,300円
 □ きの子ピザ (大):2,800円  (小):1,400円
 □ スイートチリピザ (大):2,500円  (小):1,200円
 □ アップルジンジャー(秋冬限定)  1,200円
 □ オリジナルナンカレー 1,200円
 □ 海ぶどうサラダ 1,000円

今回はこの中から『スイートチリピザ(小) (1,200円)』とドリンクに
『パッションフルーツジュース(500円)』を注文しました。


◆「イチャラ」のお店の風景

イチャラ7
イチャラ8
イチャラ9イチャラ10
森の中に位置するお店なので周囲は緑豊かな自然に囲まれています。お店の横にある広い
ウッドテラスは一番人気のスペースです。すぐそばに広がる森の空気を感じ、小鳥の
さえずりを聞きながらくつろぐことが出来ます。
この日はお店の横の畑でとれたシークワーサーが「ご自由にお取り下さい。」と書かれて
置かれていました。お店の周りではシークワーサーやみかんなどの木がたくさん植えられ
ていて、時折お店の方が収穫しているようです。

イチャラ11
イチャラ12イチャラ13
お店の中にも食事スペースが設けられています。テーブル席の他に畳の間もあり、
外の景色を眺めながらくつろぐことが出来ます。お店の一角にはワンコの特等席がある
ようで、お気に入りの場所なのでしょうね。終始この場所に座っていました。


        ◇        ◇        ◇

イチャラ14
しばらくして運ばれてきた「スイートチリピザ(小)」と「パッションフルーツジュース」
にはハイビスカスの花が添えられています。

イチャラ15
ピザの方はやや厚めの生地にサラミ、トマト、ブロッコリ、コーンなどがのせられていて、
たっぷりのスイートチリソースがかけられています。スイートチリソースなのでかなり
濃厚な味わいになっていますが、チーズとの相性は良く、生地ももちもちしていてとても
おいしいです。パッションフルーツジュースの独特の味わいもいいですね。
お店の畑でとれたシークワーサーを一ついただきました。シークワーサーなので酸味は
かなり強いですが、さわやかな香りがとてもいいです。
ピザからシークワーサーまでとてもおいしくいただきました。
天気の良い日などはテラス席で森の空気を感じながらくつろぐのもいいですね。数種類の
ピザの他にオリジナルナンカレーもあるので、そちらの方も一度いただいてみたいもの
です。

イチャラ16
ごちそうさまでした!!

イチャラ17
Cafe イチャラ
住所:沖縄県国頭郡本部町伊豆味2416-1
電話:0980-47-6372
営業時間:11:30~16:00
定休日:火・水曜(祝日の場合は営業)
★過去の記事:くばや~ピザ

web拍手 by FC2
  1. 2013/11/22(金) 01:00:00|
  2. 本部町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『番所亭』 ~喜名番所近くの沖縄そば屋☆自家製麺が人気です~

番所亭1

読谷村喜名の「番所亭(ばんじゅてい)」は読谷村の喜名番所の近くにある人気の沖縄そば
屋さんです。国道58号からすぐの場所でとてもわかりやすい立地になります。

番所亭2
喜名番所とは琉球王国時代に首里と国頭のちょうど中間に位置する地理的要因からこの
地に築かれた拠点のようです。この場所には役場があり、周辺には宿場町が栄えたよう
です。現在の建物は発掘調査の結果を基に再現された建物で、この辺りの観光案内所と
して活躍しています。「番所亭」はここから道を挟んで反対側にあります。


◆「番所亭」のメニュー(クリックで大きく表示)

番所亭3番所亭4
番所亭5番所亭6
自家製麺の沖縄そばのお店なのでメインは沖縄そばになります。ソーキ、三枚肉、テビチ
と基本のメニューの他によもぎのそばもあります。変わり種は紅ざるそばそばという
紅いもを練り込んだそばも用意しているようですね。サイドメニューとしてはそばと一緒
にいただくのにちょうどよいジューシーやソーキ丼などがあります。

 □ フェレーすば 800円
 □ 番所(ばんじゅ)すば 650円
 □ よもぎすば 700円
 □ ソーキすば 600円
 □ てびちすば 600円
 □ すば  500円

今回はこの中から『よもぎすば(650円)』を注文しました。
お店のメニューの後ろには喜名番所の歴史が少し記されていますが、1730年より以前
からこの地に番所が置かれていたのだそうです。相当な昔から人の行き来があったの
ですね。


◆「番所亭」のお店の風景

番所亭7
沖縄そば屋らしい雰囲気はありますが、木材や竹などを使い暖かみのある沖縄らしい
雰囲気のお店になっています。テーブル席がメインになりますが、両サイドには畳の間
があり、入り口横にはカウンター席もあります。この日は夕方頃の訪問でしたのでお客
さんは少なかったのですが、お昼時となると混み合うほどお客さんが訪れます。


        ◇        ◇        ◇

番所亭8
しばらくして運ばれてきた「よもぎすば」は三枚肉、ソーキ、かまぼこによもぎと千切り
しょうががのせられています。

番所亭9
よもぎが練り込まれた自家製麺はもちもちした食感でとてもおいしいです。透明感のある
カツオベースのスープは控えめな味付けですが麺との相性もいいです。よもぎの香りを
楽しみながらとてもおいしくいただきました。


        ◇        ◇        ◇

番所亭10
また別の日に訪問したときに以前から気になっていた『紅ざるセット(750円)』を
いただきました。紅ざるセットには紅いものざるそばにソーキ丼が添えられています。

番所亭11
番所亭12番所亭13
麺ですが沖縄そばの麺に紅いもを練り込んであります。色は紅いもの色そのままで大変
インパクトがあります。千切りしょうがと小口切りネギをめんつゆに加えていただきます。
色合いのインパクトが強い分味わいに紅いもの存在感は薄いですが、もちもちの自家製麺
はめんつゆとの相性もよくとてもおいしいです。
ソーキ丼の方はご飯の上に水菜、その上にソーキがのせられています。ソーキにはタレを
煮詰めて濃縮したものがかけられていますが、見た目ほど味付けは濃くなく食べやすい
です。ソーキ丼も紅いもざるそばもとてもおいしくいただきました。
自家製麺の沖縄そばはとてもおいしいですね。変わり種も含めていろいろなメニューが
あるのでまた訪問したいお店です。


番所亭14
ごちそうさまでした!!

番所亭15番所亭
住所:沖縄県中頭郡読谷村喜名473
電話:098-958-3989
営業時間:11:00~20:00
定休日:水曜
★過去の記事:番所そば

web拍手 by FC2
  1. 2013/11/16(土) 02:00:00|
  2. 読谷村
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

『ぬちまーすカフェ たかはなり』 ~うるま市特産もずく料理と絶景パワースポット~

たかはなり1

うるま市与那城宮城の「ぬちまーすカフェ たかはなり」は「ぬちまーす」を作る工場の
横に併設されたカフェです。海中道路を通り、平安座島を過ぎて、宮城島まで行くと
お店があります。離島になりますが、橋でつながっているのでとてもアクセスしやすい
です。

たかはなり2
たかはなり3たかはなり4
こちらは「ぬちまーす」を生産する工場になっていて営業時間内は無料で見学することが
出来ます。見学者用に説明の案内板が設置されていたり、工場内の塩が降り積もっている
様子や検品、梱包の様子が分かるように大きな窓が取り付けられたりしています。
1日に何回かスタッフの方がパネルに書かれている内容を説明してくれるサービスもして
くれています。なんでも「常温瞬間空中結晶製塩法」という特殊な方法でお塩を生成
しているようです。工場内に雪のように降り積もった塩の光景がとても幻想的です。
ちなみに「ぬちまーす」は「命の塩」を意味します。

たかはなり5
工場見学を終えて2階へ上がると、工場で生産された塩や塩の加工品を販売するお店が
あり、その横にカフェの「たかはなり」があります。


◆「ぬちまーすカフェ たかはなり」のランチメニュー(クリックで大きく表示)

たかはなり6たかはなり7たかはなり8
たかはなり9たかはなり10たかはなり11
ぬちまーすのカフェなのでお店自慢の塩を使ったメニューを用意しています。メニュー数
は多くはありませんが、地元うるま市特産のもずくを使った料理や豚肉にぬちまーすで
味付けした料理、沖縄そばなどがあります。

 □ うるまもずく チャンプルー丼 1,000円
 □ ぬちまーす御膳 肉 1,500円
 □ 沖縄そば 1,000円

今回はこの中から『うるまもずく チャンプルー丼(1,000円)』を注文しました。


◆「ぬちまーすカフェ たかはなり」のお店の様子

たかはなり12
たかはなり13
店内はとてもおしゃれな雰囲気になっていて大きな窓から外の景色を楽しみながら
くつろぐことができるようになっています。また、テラス席も用意されているので、
風の強くない日などは潮風を感じるのもいいものです。


        ◇        ◇        ◇

たかはなり14
まずもずく入りドリンクが運ばれてきます。もずくにパイナップルとシークワーサーを
混ぜたドリンクになっていてさわやかな甘みと酸味でとても飲みやすいです。

たかはなり15
しばらくして運ばれてきた「うるまもずく チャンプルー丼」はもずくのしゃぶしゃぶ、
もずく丼、もずく丼に付け足していただく2種類の小鉢、軟骨ソーキ、ナーベラ(へちま)
のおひたし、パインのデザート、お漬け物がお盆の上に所狭しとのせられています。

たかはなり16
もずくのしゃぶしゃぶは初めてでしたが、生のもずくを火にかけた鰹だしにくぐらせ、
タレにつけていただきます。タレはごまだれと塩だれの2種類あります。
自分はごまだれとの相性がよいと思いました。とてもおいしいですね。

たかはなり17
たかはなり18たかはなり19
もずくチャンプルー丼は読谷村特産の「紅いも」とうるま市特産の「黄金いも」を
ご飯と一緒に炊き込んであります。その上に細く刻んだ大葉、玉子ともずくがのせられて
います。これらを混ぜていただきますが、もくずくに塩味がつけられているので、
これだけでもバランスがよくおいしいです。途中から変化を楽しむための小鉢2品を加え
ます。島豆腐、タマネギなどを炒め合わせたものとゴーヤチャンプルーの2品あります。
その他炙り軟骨ソーキ、ナーベラーのおひたしもいただきながら、最後はしゃぶしゃぶの
鰹だしをチャンプル丼に入れて雑炊のようにしてとてもおいしくいただきました。


◆◆「ぬちまーすカフェ たかはなり」の周りの風景◆◆

<果報(カフゥ)バンタ>
たかはなり20
この辺りは高台になっていて周辺の海岸線やビーチを一望できるようになっています。
この場所は「果報(カフゥ)バンタ」という場所で「幸せ岬」という意味です。
眺めがとてもすばらしいですね。


<龍神風道(リュウジンフウドウ)>
たかはなり21
この辺り一帯は沖縄の海の神様である竜宮神のとても強いエネルギーが充満している
場所なのだそうです。この場所を入り口としてエネルギーが入ってきているそうです。


<三天御座(ミティンウザ)>
たかはなり22
大きなガジュマルとソテツの間にある小さな鍾乳洞ですが、天・地・海の3つの神様が
集まるこの辺りでは中心的な場所なのだそうです。


<はなり獄(ダキ)>
たかはなり23
この辺りで一番高くなっている場所なのだそうです。この辺りはどこもとても気持ちの
よい場所で不思議と元気になったような気になります。お店を訪れた際には是非とも
周辺の風景も堪能したいものですね。

たかはなり24
ごちそうさまでした!!!

たかはなり25
ぬちまーすカフェ たかはなり
住所:沖縄県うるま市与那城宮城2768
電話:098-983-1140
営業時間:カフェメニュー:10:00~11:00
     ランチメニュー:11:00~15:00
     軽食・カフェメニュー:15:00~17:00(L.O.)
定休日:無休(木曜は軽食・デザートメニューのみ)
お店のHP:http://www.nutima-su.jp

web拍手 by FC2
  1. 2013/11/10(日) 20:00:00|
  2. うるま市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

『糸満漁民食堂』 ~糸満漁港近くのおしゃれな食堂で海の幸を味わう~

糸満漁民食堂1

糸満市西崎町の「糸満漁民食堂」は糸満漁港近くにあるお店で、水産会社や物流施設など
が立ち並ぶ場所の一角にあります。場所柄海産物を扱う料理屋さんは多いですが、こちら
のお店はその中でも比較的新しく、石張りの外観でおしゃれな雰囲気のお店になります。


◆「糸満漁民食堂」のメニュー(クリックで大きく表示)

糸満漁民食堂2糸満漁民食堂3
糸満漁民食堂4糸満漁民食堂5
ランチタイムの定食では魚汁を使った料理をバリュエーションをいろいろ変えて用意して
います。その他丼ものやその日の魚の仕入れ状況によって変わる「本日のおすすめ」の
メニューも充実しています。

 □ 土鍋で食べる魚汁定食 1,200円
 □ イカづくしのイカスミ汁 1,200円
 □ 濃厚魚汁そば定食 890円
 □ 本日イマイユバター焼き定食 1,300円~時価
 □ 糸満漁民飯 1,000円

今回はこの中から具だくさんという『土鍋で食べる魚汁定食(1,200円)』を注文
しました。沖縄では魚汁を土鍋で提供するのはちょっと珍しいかもしれません。


◆「糸満漁民食堂」のお店の様子

糸満漁民食堂6
糸満漁民食堂7糸満漁民食堂8
店内もお店の外と同様石張りがされていてとてもおしゃれな雰囲気になっています。
テーブル席の他に板の間や穴蔵のようになっている空間もあり、遊び心あふれるお店
造りになっています。この日はお昼時をだいぶ過ぎた時間帯に訪問していますが、
たくさんのお客さんで賑わっていて満席に近い状態になっていました。

糸満漁民食堂9
卓上には「しびれ醤油」というこちらのお店オリジナルの醤油が置かれています。
山椒の香りとピリッとした味わいが特長でいろいろな料理に合うそうです。


        ◇        ◇        ◇


糸満漁民食堂10
しばらくして運ばれてきた土鍋に入れられた魚汁にはお刺身とご飯、お漬け物が添えられ
ています。

糸満漁民食堂11
糸満漁民食堂12
魚汁なのでメインは白身魚の切り身ですがそれ以外に島豆腐、キャベツ、にんじん、
はるさめ、ニラ、トマトと野菜も盛りだくさんの内容になっています。スープの方は
みそ汁になっていますが味噌のしっかりした味わいがあっておいしいです。
お味噌汁にトマトはちょっと変わっていますね。お刺身の方は白身の近海魚やまぐろ
に酢味噌がのせられていて、お魚が新鮮でおいしいです。魚汁、お刺身ともとても
おいしくいただきました。魚汁も土鍋でいただくといつもとは違った雰囲気が楽しめて
いいですね。

糸満漁民食堂13
ごちそうさまでした!!

糸満漁民食堂14
糸満漁民食堂
住所:沖縄県糸満市西崎町4-17
電話:098-992-7277
営業時間:11:30~15:00、18:00~22:00
定休日:火曜

web拍手 by FC2
  1. 2013/11/07(木) 21:00:00|
  2. 糸満市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

『高江洲そば』 ~元祖ゆし豆腐そばの人気店です~

高江洲そば1

浦添市伊祖の「高江洲そば」はゆし豆腐そばを中心とした沖縄そばのお店です。
なんでもゆし豆腐そばを最初に提供したのがこちらのお店なのだそうです。ゆし豆腐も
沖縄そばもどちらも食べたいお客さんのために両者を一つにまとめたのがはじまりの
ようです。今年6月に店舗を移転したようで、以前あった店舗からすぐ近くの場所に
移っています。


◆「高江洲そば」のメニュー(クリックで大きく表示)

高江洲そば2
名物の「ゆしどうふそば」を筆頭にそば、ソーキそば、中味そばなどのそばのメニューを
用意しています。その他サイドメニューに定番の「ジューシー」や「おにぎり」なども
あります。

 □ ゆしどうふそば(大)  600円
 □ そば(大)  600円
 □ ソーキそば(大)  750円
 □ 中味そば(大)  750円

今回はこの中から名物の『ゆしどうふそば(大)(600円)』と『ジューシー(100円)』
を注文しました。ジューシーはおにぎりにしてもらうようにお願いしました。


◆「高江洲そば」のお店の様子

高江洲そば3高江洲そば4
今年6月に移転したばかりで店内はとてもきれいです。テーブル席をメインに座敷、
カウンター席があります。この日は開店間もない時間帯に訪問しているのですが、
結構たくさんのお客さんで賑わっていました。お昼時にもなれば満席で順番待ちが
出来るほどの人気店です。ちなみに以前お昼時に訪問したときには、テーブル、座敷、
カウンターまですべて満席でしたが、お店の人が手際よく処理してくれて、驚くほど
早くそばが出てきました。


        ◇        ◇        ◇


高江洲そば5
程なくして「ゆしどうふそば」「ジューシー」が運ばれてきました。

高江洲そば6
高江洲そば7
ゆしどうふそばにはゆしどうふ、小さくカットした軟骨、昆布に錦糸卵がのせられて
います。スープはとんこつをベースにしたものにゆしどうふの味わいが加わりとても
優しいスープになっています。軟骨ソーキはとてもやわらかく煮込まれていて味付けも
スープに合わせて控えめでとてもおいしいです。ジューシーはしっかりめな味付けで
そばとの相性もいいです。そば、ジューシーまでとてもおいしくいただきました。
ゆしどうふそばはバランスがよくてとてもおいしかったです。宜野湾の方まで来た際には
またいただいてみたいですね。


高江洲そば8
ごちそうさまでした!!
高江洲そば9
高江洲そば
住所:沖縄県浦添市伊祖3-36-1
電話:098-878-4201
営業時間:10:00~19:30(売り切れ次第終了)
定休日:日曜

web拍手 by FC2
  1. 2013/11/05(火) 21:00:00|
  2. 浦添市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

のり

Author:のり
沖縄移住組みですが、沖縄のふらりと食べ歩いたことやいろいろを書いてみようと思います。不定期ですが、良ければ見てください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

国頭村 (12)
東村 (9)
大宜味村 (7)
今帰仁村 (16)
本部町 (48)
名護市 (51)
宜野座村 (25)
金武町 (2)
恩納村 (13)
読谷村 (18)
うるま市 (15)
沖縄市 (16)
嘉手納町 (3)
北谷町 (16)
北中城村 (6)
中城村 (1)
宜野湾市 (6)
浦添市 (16)
那覇市 (31)
西原町 (2)
豊見城市 (4)
南城市 (11)
南風原町 (1)
糸満市 (3)
八重瀬町 (1)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。