沖縄食べ歩きやいろいろのブログ

『すっぽん館』~沖縄で育ったすっぽんの料理を試してみて~

すっぽん館1
読谷村座喜味の「すっぽん館(やかた)」は国道58号線沿いに位置するお店です。ちょっと
変わった名前のお店で、お店の前には「すっぽん」ののぼりが立てられています。
今回はこちらのお店でいただけるすっぽん料理をいくつかいただいてみることにしました。

すっぽん館2
すっぽん館3
「すっぽん館」はオキハムの工場の横に立てられたレストランです。国道58号線沿いと
大変わかりやすい立地の上、ブタさんやウシさんの巨大なオブジェが置かれていている
ので大変目立つ施設です。建物内ではオキハムの工場で製造されたハムなどの加工品の
他、黒砂糖の販売なども行っています。

すっぽん館4
すっぽん館5
お店で販売されている黒砂糖は工場内で製造されていて、その様子は自由に見学するとが
できます。製造ラインは割とこぢんまりとしていますが、係の人がわかりやすく説明を
してくれます。そしてここで作られた黒砂糖はとなりの販売所で試食、購入することが
できます。その他にもオキハムの工場で製造された製品の数々を販売しています。
どうやらこの工場見学は観光ルートの一つに設定されているようで、大型バス
でたくさんの観光客の方が訪問されていました。

◆「すっぽん館」のメニュー
すっぽん館6
メニューはカラーの写真付きでとてもわかりやすくまとめられています。さすがに
すっぽんのメニューだけではなく、定番の沖縄そばや自社製品を使用したタコライス、
とんかつなどのメニューも用意しています。すっぽんを使ったメニューは鍋や汁物、そば
など4種類を用意しています。
今回は別々の日に訪問してこの中から2品いただいてみました。

◆「すっぽん館」の店内の様子
すっぽん館7
すっぽん館8
お店はかなり広々していて団体のお客さんが来られても対応できるほどの広さがあります。
お店の一角には水耕栽培の設備も置かれていて水菜やちりめんちしゃ、ヨモギを栽培して
いるようです。そして店内にはすっぽんに関する新聞記事の切り抜きが置かれていました
が、なんでもこちらの本社敷地内に2万5千匹のすっぽんを飼育しているようで、お店で
提供するほかレトルトのすっぽん汁などに加工して販売もしているようです。



◇『すっぽんメンチカツ(900円)』
すっぽん館9
まずはすっぽんを使ったというメンチカツをいただいてみました。
メインのメンチカツのそばにはサラダが添えられています。その他には軟骨ソーキや野菜
などの煮物、お味噌汁にごはんとお漬け物が添えられています。

すっぽん館10
すっぽん館11
メンチカツの方は外はカリカリのサクサクで中はふわっとじゅーしーになっていてとても
おいしいですね。ポン酢醤油につけていただきますが、なかなかよくマッチしています。
すっぽんが入っているということですが、すっぽんらしい感じはなく、言われなければ
普通のメンチカツのような感じです。
付け合わせの軟骨ソーキはオキハムの工場だけに自社製品を使っているのだと思います。
手作り感はあまりありませんが、程よい柔らかさと味付けがされていてなかなかおいしい
です。


◇『すっぽんそば(800円)』
すっぽん館12
また別の日に訪問して「すっぽんそば」をいただきました。横にはなぜかオキハムの
ウインナーが添えられています。

すっぽん館13
そばにはすっぽんだけでなく豚肉も含まれているように見えますが、コラーゲンや
アミノ酸などがたっぷりと含まれているというすっぽんは中味に似たような感じで、
ヤギほどではありませんがやや癖を感じます。
しかしこちらはすっぽんをいただいているという感じがしていいかもしれませんね。
スープの方はカツオベースのすっきりとした味わいのスープに縮れ麺がよくからんで
なかなかバランスがいいです。スープまで残らずとてもおいしくいただきました。
今回は別々の日に訪問してすっぽんメニューをいくつかいただいてみましたが、思った
より食べやすかったです。他にもまだいただいていないメニューがあるので、すっぽん
が食べたくなるかどうか分かりませんが、そのときはまた訪問してみたいと思います。

すっぽん館14
ごちそうさまでした!!

すっぽん館15
すっぽん館
住所:沖縄県中頭郡読谷村座喜味2282-3
電話:098-968-4828
営業時間:11:00~17:30
定休日:無休
お店のHP:http://okinawa-kokuto.co.jp/html/restaurant/index.html

web拍手 by FC2
スポンサーサイト
  1. 2015/05/08(金) 00:00:00|
  2. 沖縄食堂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

『タコライス Cafe きじむなぁ』~オムタコのふわトロが病みつき♪~

タコライス Cafe きじむなぁ1
恩納村瀬良垣の「タコライス Cafe きじむなぁ」は超人気B級グルメとして知られる
「オムタコ」がいただけるお店です。「きじむなぁ」は現在県内で2店舗を展開して
いますが、今回は本店である「ダイヤモンドビーチ店」に訪問しました。

タコライス Cafe きじむなぁ2
タコライス Cafe きじむなぁ3
お店は国道58号線沿い、瀬良垣のダイヤモンドビーチの近くにあり、すぐ目の前が海に
なっていて絶好のロケーションになります。ちなみにお店はダイビングショップである
「ベントスダイバーズ」の建物の2階になり、「ベントスダイバーズ」は「きじむなぁ」
と同じ経営母体のようです。

◆「タコライス Cafe きじむなぁ」のメニュー
タコライス Cafe きじむなぁ4
メインは「タコライス」と「オムタコ」になります。トッピンは数種類用意されていて、
いろいろな組み合わせを楽しむことができるようになっています。
今回はこの中から『オムタコ(780円)』にトッピングの『沖縄野菜(150円)』、そして
ドリンクに『ルートビア(200円)』を注文しました。

◆「タコライス Cafe きじむなぁ」のお店の様子
タコライス Cafe きじむなぁ5
タコライス Cafe きじむなぁ6
お店の方が手作りで作り上げたという店内は海の家のような雰囲気になっています。
カウンターはサバニをイメージしたデザインで、全体的に手作り感が溢れています。

タコライス Cafe きじむなぁ7
お店の入り口横にはガジュマルの木に住むといわれる「きじむなぁ」の人形が塀に
こしかけて海の方を眺めています。

          ◇          ◇          ◇

タコライス Cafe きじむなぁ8
まずはじめにドリンクの「ルートビア」が運ばれてきて、その後しばらくして
「オムタコ」が運ばれてきました。

タコライス Cafe きじむなぁ9
タコライス Cafe きじむなぁ10
オムタコの上には場所柄か紅芋とゴーヤをスライスしたものを油で揚げたものが
トッピングされています。
タコライスの上にのせられた玉子は絶妙のとろとろ具合になっていて、タコライスの
方の味付けと上からのせられたふわトロ玉子の味付けがバランスよくこれはとても
おいしいですね。オムタコもルートビアも残らずとてもおいしくいただきました。
今回は沖縄野菜のトッピングをしてオムタコをいただきましたが、ふわトロ玉子の
オムタコは病みつきになる美味しさでした。いろいろなトッピングがあるので他の
トッピングも是非いただいてみたいものですね。

タコライス Cafe きじむなぁ11
ごちそうさまでした!!

タコライス Cafe きじむなぁ12
タコライス Cafe きじむなぁ ダイヤモンドビーチ店
住所:沖縄県国頭郡恩納村瀬良垣475
電話:098-966-8389
営業時間、定休日
 (2~6月)11:30~20:00、水曜
 (7~9月)11:30~20:30、無休
 (11,12月)11:30~14:30、水曜
お店のHP:http://www.omutaco.com/
お気に入り度:★★★★☆(4)

web拍手 by FC2
  1. 2014/09/24(水) 00:00:00|
  2. 沖縄食堂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『わぁ~家~』~国頭村特産☆猪豚料理の数々を味う~

わぁ~家~1
国頭村奥間の「わぁ~家~」は国頭村の「ゆいゆい国頭」の敷地内に位置する食堂です。
この辺りはイノシシと豚をかけ合わせた「猪豚」の飼育が盛んで、こちらのお店では
その猪豚を使った数々の料理を提供しています。

わぁ~家~2
わぁ~家~3
わぁ~家~4
お店が位置する「ゆいゆい国頭」は国頭村の情報発信基地として機能する道の駅です。
とても立派な建物で、地域の観光情報の発信や沖縄県産のお土産物などの販売を行って
います。この施設も15周年を迎えるようで、この週末は記念イベントも開催されている
ようです。

わぁ~家~5
わぁ~家~6
館内には地域の郷土品の展示スペースなどもあり、サバニや地域の人たちが使っていた
道具などが展示されています。


◆「わぁ~家~」のメニュー
わぁ~家~7
猪豚を使ったメニューの数々が並びます。一部チキンを使ったメニューもありますが、
ほとんどが猪豚メニューで、レバーやホルモン、チラガーの炒め物まで本当にいろいろ
なメニューがあります。今回はこの中から『猪豚丼(卵付き)(750円)』を注文しました。
なお、注文はカウンターにて注文と会計を済ませて席で待っているとお店の人が料理を
運んできてくれるというシステムになっています。

◆「わぁ~家~」のお店の様子
わぁ~家~8
お店の中は簡素で開放的なパーラーのような造りになっていますが、雰囲気良くまとめ
られています。なんでもこのお店のオーナーの方は昭和56年から国頭村で猪豚の飼育を
されているようで、現在国頭村の特産品となっている猪豚の生産を最初に始められたのが
こちらのオーナーの方なのだそうです。
そこで育てられている猪豚を「国頭美紅(ちゅらべに)」と呼んでいるそうで、お店では
料理として猪豚を提供する以外にしゃぶしゃぶや焼き肉用のお肉、スモークハムや
スモークチラガーなども販売しているようです。

          ◇          ◇          ◇

わぁ~家~9
しばらくして運ばれてきた「猪豚丼」にはお吸い物とお漬け物が添えられています。

わぁ~家~10
豚肉よりもあっさりした肉質という猪豚肉は癖がなくてとても食べやすくなっています。
タマネギと一緒に煮込まれた甘辛い味付けと上にのせられた卵黄のマッタリした味わい
が合わさってとてもおいしいです。
今回いただいた「猪豚丼」は味付けもちょうど良くておいしかったですね。この他にも
ホルモンやチラガーなどを使った料理もあるので次回訪問時はそちらの方もいただいて
みたいです。

わぁ~家~11
ごちそうさまでした!!

わぁ~家~12
わぁ~家~
住所:沖縄県国頭郡国頭村奥間1605
電話:0980-41-3888
営業時間:11:00~18:30(L.O.)
定休日:火曜

web拍手 by FC2
  1. 2014/04/26(土) 21:00:00|
  2. 沖縄食堂
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

『大衆食堂 ミッキー』~チャンプル文化の街・コザならではの大衆食堂~

大衆食堂 ミッキー1

沖縄市中央の「大衆食堂 ミッキー」はパークアベニュー沿いに位置するお店です。
カデナエアベースの近くという場所柄から外国人のお客さんも多く、沖縄の大衆食堂
らしいメニューから外国人のお客さんにも好まれるメニューまで幅広くとりそろえて
います。支払いはUSドル、日本円どちらでもOKのようです。
なんでも2014年3月開催の沖縄国際映画祭でガレッジセールのゴリさんが手がける映画の
舞台で大衆食堂ミッキーが登場するそうです。映画のタイトルは「ロクな人生(仮)」
とのことで、どんな映画になるか今から楽しみですね。

大衆食堂 ミッキー2
大衆食堂ミッキーがある場所はコザのパークアベニュー沿いですが、この辺りはラジオ局
のFMコザがあったり飲食店や音楽関係のショップがあったりと比較的活気のある場所に
なります。


◆「大衆食堂 ミッキー」のメニュー(クリックで大きく表示)
大衆食堂 ミッキー3大衆食堂 ミッキー4
大衆食堂 ミッキー5大衆食堂 ミッキー6
500円または600円のメニューがメインになります。800円や1,000円のメニューもあります
が、ほとんどがワンコインのメニューでお財布に優しいメニュー構成になります。
沖縄の大衆食堂らしいメニューからハンバーグや焼き肉などのメニューまでいろいろ
あります。一部ですが、

 □ おかず 500円
 □ 沖縄そば 500円
 □ 沖縄チャンポン 500円
 □ まーみなーチャンプル 500円
 □ ふちゃんぷるー 500円
 □ チキンケイ丼 500円
 □ パパイヤチャンプルー 500円
 □ ちきなーチャンプルー 500円
 □ みそ汁 500円
 □ ポークたまご 600円
 □ 軟骨ソーキ丼 600円
 □ オムライス 600円
 □ ミッキーランチ 700円
 □ ハンバーグランチ 700円
 □ 焼肉定食 700円
 □ てびち 800円
 □ スペシャルAランチ 1,000円

などとなります。今回はこの中から『パパイヤチャンプルー(500円)』を注文しました。
ちなみにこちらのお店は口頭でメニューを注文し、できあがってきたらメニュー名を
呼ばれるので取りに行くというシステムです。食事が終わったら返却口まで返しに行き
ます。ドリンクはお水とアイスティーがあり、すべてセルフサービスになっています。


◆「大衆食堂 ミッキー」のお店の様子
大衆食堂 ミッキー7
大衆食堂 ミッキー8大衆食堂 ミッキー9
お店の中は沖縄の大衆食堂らしい佇まいになっています。カウンター席の他テーブル席
がありますが、常連のお客さんなどはカウンター席で食事をされている方も多いようです。
お店の方はとても気さくな方で、沖縄国際映画祭の短編映画に大衆食堂ミッキーが登場
することなどいろいろと教えていただきました。


        ◇        ◇        ◇

大衆食堂 ミッキー10
しばらくして出来上がり、取りに行きました「パパイヤチャンプルー」はご飯とスープが
添えられています。

大衆食堂 ミッキー11
パパイヤチャンプルーの方はやや太めにしりしりされたパパイヤとニラ、ニンジンなどが
炒め合わせられていて、上には玉子焼きがのせられています。
パパイヤは今の時期シーズンオフですが思いの外おいしく、味付けもちょうど良く仕上げ
られています。
ご飯にのせられた肉味噌はやや甘めの味付けでご飯との相性もとてもいいです。
なんでもこの肉味噌は従業員の方が手作りで作られているのだそうで、お店でも販売して
いるようですが、たくさん作ることができないため、数量限定での販売になっているよう
です。今回はサービスで肉味噌をつけてくれたようです。ありがとうございました。


        ◇        ◇        ◇

大衆食堂 ミッキー12
また別の日に訪問し、『チキンケイ丼(500円)』をいただきました。
お店の貼り紙に外国人のお客さんに人気とあったのでどのようなものか、一度いただいて
みたいと思っていました。お店の人に聞くと野菜たっぷりの親子丼のようなものという
ことでしたが、メニューの名前は「チキンケイ丼(Chicken-K-Don)」鶏肉と玉子を使って
いるので親子丼のようなものということなのでしょうね。丼には玉子スープとお漬け物、
そして激辛のチリソースが添えられています。

大衆食堂 ミッキー13
丼の方はチキンの他キャベツやもやしなどを炒め合わせたものを玉子で閉じているのです
が、味付けは醤油ベースの味付けにはなりますが、一般的な親子丼と違って、軽く焦げ目
が入った香ばしさも加わってちょっとワイルドな感じの味付けになっています。
激辛のチリソースが添えられているのも納得です。チリソースとの相性もとてもいいです。
玉子スープまでとてもおいしくいただきました。
ほとんどのメニューがワンコインの500円か600円ということでリーズナブルな値段設定が
とてもいいですね。この日も地元の学生さんなどが食事に来られていて、地元に愛されて
いるお店というのがよく分かります。沖縄市まで足を延ばした際にはまた立ち寄りたい
お店ですね。

大衆食堂 ミッキー14
ごちそうさまでした!!


大衆食堂 ミッキー15
大衆食堂 ミッキー
住所:沖縄県沖縄市中央3-1-6
電話:098-939-9663
営業時間:11:00~22:00頃(早めに終了する場合あり)
定休日:日曜(元気があれば開いている)

web拍手 by FC2
  1. 2013/12/30(月) 21:00:00|
  2. 沖縄食堂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

『野草茶屋 しみんやー』~沖縄の太陽をいっぱい浴びた野草たちを味わえます~

しみんやー1

本部町渡久地の「野草茶屋 しみんやー」は渡久地港に程近い場所にあるお店です。
県道219号線から少し山側に入ったところにあり、築60年の沖縄の古民家を店舗として
使っているとても趣のあるお店です。本部町の近隣の山で採れた野草の数々を使った
料理やお茶を楽しむことができます。

しみんやー2
しみんやー3しみんやー4
駐車場からお店の方に入り、細い歩道を少し進むととても趣のある古民家へ行き着きます。


◆「野草茶屋 しみんやー」のメニュー(クリックで大きく表示)
しみんやー5しみんやー6
1日限定10食という「しみんや~御膳」はメインのおかずにアグーハンバーグ、チキン
チリソース、さば塩焼きのバリエーションがあり、それぞれ異なる値段設定になって
いるようです。その他に特製カレーライス、野草入りじゅうしい、野草入りひらやーち
など沖縄らしいメニューもあります。それぞれ雑穀米を使ったり近隣で採れた野草を
ふんだんに使っているようです。

 □ しみんや~御膳(アグー豚ハンバーグ) 1,200円
 □ しみんや~御膳(チキンスイートチリソース炒め) 900円
 □ しみんや~御膳(さば塩焼き) 900円
 □ 特製カレーライス 800円
 □ 野草入りじゅうしい 600円
 □ 野草入りひらやーちー 400円

今回はこの中から『野草入りじゅうしい(600円)』を注文しました。それと折角なので
『自家製野草茶(500円)』もお願いしています。
自家製野草茶は「しみんや~ブレンド」「すっきりブレンド」「やすらぎブレンド」の
3種類ありますが、「しみんや~ブレンド」は冷え性の方におすすめで、「すっきり
ブレンド」は便秘がちの方におすすめ、「やすらぎブレンド」はそれ以外の方におすすめ
とのことなので、「やすらぎブレンド」でお願いしました。


◆「野草茶屋 しみんやー」の風景
しみんやー7
しみんやー8しみんやー9
しみんやー10
築60年の沖縄の古民家を店舗として使っているのでとても趣のあるお店になっています。
食事スペースはカウンター席やお店の横の通路にテーブルを置いたテラス席、畳の間
などありますが、家の中の別々の場所、別々の部屋に食事スペースがあるといった感じ
です。今回は畳の間で食事をさせてもらうことにしましたが、お店というより沖縄の
古い普通の民家で食事をさせてもらっている感じです。畳の間には仏壇も置かれていて
普段の生活でも使われていることが伺えます。なんでもこちらのお店はオーナーの方の
ご実家だそうでご自分の家をお店として開放しているようです。

しみんやー11
しみんやー12しみんやー13
すぐ前の縁側ではたくさんの野草や果物の皮などが干してありました。これらの野草など
はオーナーの方がお一人で山に入り採取してきたものなのだそうです。お店で提供する
お茶などはこうしてひとつひとつ手作りで作られているようです。それと料理の提供も
オーナーの方がお一人でされているので、複数の注文が入るとどうしても時間がかかって
しまうようです。


        ◇        ◇        ◇

しみんやー14
しばらくして運ばれてきた「野草入りじゅうしい」には島らっきょうとゴーヤのピクルス
が添えられています。

しみんやー15
じゅうしいの方は雑炊タイプのぼろぼろジューシーになっています。メニューにも
書かれていましたが雲南百薬、かずら、よもぎ、はんだま、島にんじんなどの野草類
が使われているそうです。味付けの方はとても優しい味付けに仕上げられていて、
雲南百薬などの独特のまったりしたねばねば感も感じられてとてもおいしいです。

しみんやー16
とてもおいしくじゅうしいをいただいた後に「自家製野草茶」が運ばれてきました。
10数種類をブレンドしたという野草が竹の器に盛りつけられています。これらを透明の
急須に入れてお湯を注いでいただきます。

しみんやー17
野草独特のフレーバーはありますが、とても心地よい香りで好きですね。
小皿に添えていただいた黒糖をつまみながらお茶をいただき、まったりした贅沢な午後の
時間を過ごしました。とても落ち着きのある沖縄民家でのんびりくつろぐのはとても
気持ちがいいものです。是非また訪問したいお店ですね。

しみんやー18
ごちそうさまでした!!

しみんやー19
野草茶屋 しみんやー
住所:沖縄県国頭郡本部町渡久地108
電話:0980-47-5669
営業時間:11:00~18:00
定休日:月曜

web拍手 by FC2
  1. 2013/12/05(木) 12:00:00|
  2. 沖縄食堂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カテゴリ

★沖縄本島北部★ (1)
★沖縄本島中部★ (1)
★沖縄本島南部★ (1)
おしゃれカフェ (57)
眺めカフェ (42)
沖縄そば (67)
沖縄食堂 (38)
海鮮食堂 (46)
ハンバーガー (11)
ラーメン (17)
カレー (11)
古民家食堂 (3)
和  食 (4)
洋  食 (15)
中  華 (6)
その他 (17)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

のり

Author:のり
沖縄の北部を中心に素敵なお店やおいしいお店、沖縄のいろいろを紹介できればと思います。不定期ですが、良ければ見てください。

FC2カウンター

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR