沖縄食べ歩きやいろいろのブログ

『ひまわり食堂』~国頭の地で長年愛され続ける「ザ・沖縄食堂」~

himawarishokudo-1-01.jpg
国頭村鏡地の「ひまわり食堂」は国頭村のオクマビーチリゾートからすぐ近くに位置する
40年もの間営業されている老舗の沖縄食堂です。

himawarishokudo-1-02.jpg
himawarishokudo-1-03.jpg
お店の位置する場所の近くは美しい海が広がっていて、すぐ近くにオクマビーチや米軍
保養地があります。お店には地元の方だけでなく観光で来られている方たちも多数訪れる
ようで、オクマビーチから程近いということもあり、歩いて来られる観光客の方も
いらっしゃるようです。

◆「ひまわり食堂」のメニュー
himawarishokudo-1-04.jpg
沖縄そばやチャンプルーなど沖縄食堂らしいメニューをいろいろと用意していますが、
なんといってもこちらで人気なのが牛肉そばになります。沖縄そばのメニューは大小を
選べるようになっています。

◆「ひまわり食堂」のお店の様子
himawarishokudo-1-05.jpg
himawarishokudo-1-06.jpg
お店の中は沖縄の古い食堂らしい佇まいになっています。入り口手前からテーブル席に
なっていて、奥の右側が畳の間になっています。とても人気のあるお店なので、これだけ
のスペースがあってもお昼時には満席になるほどです。

himawarishokudo-1-07.jpg
お店の横にも一応、机は置かれているようです。中には店内が満席だったときにこちらで
食事をされるお客さんもいるようです。

◇『牛肉そば(大)』(700円)
himawarishokudo-1-08.jpg
今回は人気の「牛肉そば(大)」をお願いしました。しばらくして運ばれてきた牛肉そば
は、そばの上に牛肉と大量のもやしが炒められたものがのせられています。
たっぷりの牛肉を炒めたものがのせられてはいますが、しつこくなくとても食べやすく
仕上げられています。味付けも牛肉を炒めたタレとそばのスープが合わさり、バランスが
よい絶妙な味付けになっていてとてもおいしいですね。あっという間に完食です。
今回は名物の牛肉そばをいただきましたが、ソーキそばも人気なのだそうで、次回訪問時
はそちらをいただいてみたいと思います。


himawarishokudo-1-09.jpg
ひまわり食堂
住所:沖縄県国頭郡国頭村鏡地267
電話:0980-41-2175
営業時間:11:00~18:00
定休日:火曜日
web拍手 by FC2
スポンサーサイト
  1. 2017/09/23(土) 20:00:00|
  2. 沖縄食堂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

『国頭港食堂』~国頭浜漁港併設の食堂・とれたてをいただく~

kunigamiminatoshokud-1-01.jpg
国頭村浜の「国頭港食堂」は国頭村の浜漁港内に位置する海鮮食堂です。地元でとれた
新鮮な魚などを使った海鮮料理が味わえます。

kunigamiminatoshokud-1-02.jpg
kunigamiminatoshokud-1-03.jpg
国頭村の浜漁港は小さな漁港です。近隣の集落もそれほど大きくはなく、のどかな田舎の
景色が広がっています。お店はその漁港敷地内の南端に位置します。

◆「国頭港食堂」のメニュー(クリックで大きく表示)
kunigamiminatoshokud-1-04.jpg
マグロや地魚を使った料理をいろいろと用意しています。地魚の方はフライにしたり、
バター焼きにしたり、アラ汁にしたりとバリエーションがあります。一番下には手書きで
トビイカのメニューも加えられているようです。

◆「国頭港食堂」のお店の風景
kunigamiminatoshokud-1-05.jpg
お店の建物の中心には魚の入った水槽が置かれています。テーブルとカウンターがあり、
漁港の食堂という雰囲気を醸し出しています。

kunigamiminatoshokud-1-06.jpg
また、こちらのお店には店外にもスペースが設けられており、お店の建物のすぐ横に
いくつかテーブルが並べられています。

kunigamiminatoshokud-1-07.jpg
kunigamiminatoshokud-1-08.jpg
さらに、広い敷地内には様々なスペースが設けられていますが、これらの場所でも食事を
することができるようです。目の前に美しい海が広がるテラス席で食事がいただけるのは
素晴らしいですね。空調がないため今の季節は過ごしにくいかもしれませんが、時期に
よってはいいかもしれません。ただ、食事が終われば食器を各自お店まで戻す必要がある
ようです。

◇『マグロ漬け丼』(880円)
kunigamiminatoshokud-1-09.jpg
今回はオーソドックスに「マグロ漬け丼(880円)」をお願いしました。
しばらくして運ばれてきた「マグロ漬け丼」にはサラダとわかめのお吸い物が添えられて
います。

kunigamiminatoshokud-1-10.jpg
kunigamiminatoshokud-1-11.jpg
「マグロ漬け丼」の方はご飯の上に大きめのブロック状にカットされたマグロがゴロゴロ
のせられています。漬けマグロはしょうゆをベースとしたシンプルな感じの味付けに
なっています。ややすじ感はあるもののマグロブロックが大きめにカットされているので
とても食べ応えがあります。サラダ、お吸い物までとてもおいしくいただきました。
今回は定番ともいえるマグロ漬け丼をいただきましたが、地魚を使った料理の数々も
たくさんありますので、次回訪問地は地魚のバター焼きなどをいただいてみたいと
思います。


kunigamiminatoshokud-1-12.jpg
国頭漁港食堂
住所:沖縄県国頭郡国頭村浜477-1
電話:0980-50-1660
営業時間:Lunch 11:00~14:30
     Dinner 17:30~22:00
     (Sundays & Holidays 11:00~16:00)
定休日:木曜日
web拍手 by FC2
  1. 2017/09/17(日) 00:00:00|
  2. 海鮮食堂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

『金月そば(恩納店)』~沖縄そばの枠を超えて新境地を開拓する沖縄そば店~

kinchichisoba_onna-1-01.jpg
恩納村名嘉真の「金月そば(きんちちそば)」は沖縄で3店舗を展開する沖縄そば屋さん
です。読谷村に本店を構え、那覇の国際通りに国際通りむつみ食堂店、そしてこちらの
恩納店となります。どちらのお店も通常の沖縄そばだけでなく、それぞれが独自性と
こだわりを持ったオリジナルの沖縄そばを提供しています。

kinchichisoba_onna-1-02.jpg
kinchichisoba_onna-1-03.jpg
恩納村は場所柄リゾートホテルが建ち並ぶ観光地です。お店は国道58号線沿いに位置し、
道を挟んですぐ前にはとても美しい青い海が広がっています。

◆「金月そば(恩納店)」のメニュー(クリックで大きく表示)
kinchichisoba_onna-1-04.jpg
金月そばはそれぞれの店舗で個性的なオリジナルのメニューを提供しています。こちらの
お店では通常の沖縄そばの他に沖縄そばのつけめんを提供しています。つけだれは豚、鶏
だしの白いつけそばと自家製唐辛子味噌を加えた赤だれつけそばがあります。
それから新商品でしょうか辛味噌を加えた辛味噌野菜そばもメニューの一番右下に追加
されています。

◆「金月そば(恩納店)」のお店の風景
kinchichisoba_onna-1-05.jpg
kinchichisoba_onna-1-06.jpg
店内は普通の沖縄そば屋さんといった感じの佇まいになっています。入り口入って手前が
テーブル席になっていて奥に板の間、その奥は調理場になっています。この日もたくさん
のお客さんで賑わっていました。人気店であることが伺えます。

◇『辛味噌野菜そば』(780円)
kinchichisoba_onna-1-07.jpg
券売機の横に写真が貼ってあっておいしそうだったので、今回はレギュラーメニューの
つけそばではなく「辛味噌野菜そば」をお願いしました。
しばらくして運ばれてきた辛味噌野菜そばはビジュアル的には担々麺に近いビジュアルに
なっています。
トッピングはチンゲンサイ、キャベツ、もやし、ニンジン、三枚肉、そして味玉になって
います。

kinchichisoba_onna-1-08.jpg
自家製麺という麺にはつぶつぶが見られますが、お店の説明書きによると小麦ブラン
(表皮部分)が加えられているようです。もちもちとした食感がとてもおいしいです。
三枚肉はしょうゆ感を強めにした味付けで甘辛い味付けになっています。
スープの方はカツオベースのスープに辛味噌を加えた担々麺に近いような味付けになって
います。一見ラーメンのようにも見えますが、沖縄そばに担々麺の味わいが加わったよう
な感じで、ラーメンと沖縄そばの中間に位置するような独特の感覚です。
今回は担々麺のような感じの「辛味噌野菜そば」をいただきましたが、次回訪問時には
レギュラーメニューのつけそばをいただいてみたいですね。


kinchichisoba_onna-1-09.jpg
金月そば(恩納店)
住所:沖縄県国頭郡恩納村名嘉真8-3
電話:098-967-8492
営業時間:11:00~16:00
定休日:月曜日(祝祭日営業あり)
web拍手 by FC2
  1. 2017/09/10(日) 19:00:00|
  2. 沖縄そば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

沖縄レトルトのいろいろ

沖縄レトルトのいろいろ

沖縄県内では、県内のメーカーにより製品化されたレトルト食品がたくさんあります。
種類も豊富で非常にたくさんの製品があるので、そんなレトルトのいろいろをいただいて
みたいと思います。

okihamu
「オキハム」は大手の食品会社で、食肉加工品の他、様々な種類のレトルト食品などを
製造しています。その種類は非常に多く、県内のスーパーマーケットやお土産物販売店
でも購入することができます。
◇『いなむどぅち(オキハム)』<2017/08/15>
inamuduchi-1-B4.jpg

◇『中味汁(オキハム)』<2017/09/09>
nakamijiru_oki-1-B.jpg

◇『ヤギ汁(オキハム)』<2017/09/09>
yagijiru_oki-1-B.jpg

◇『黒豚カレー(オキハム)』<2017/08/15>
kurobutakare-1-B.jpg



sonota
大手メーカー以外でも独特のレトルトを製品化しているメーカーがあります。一般的な
スーパー(サンエー、かねひで、イオン琉球など)では取り扱っていないものもあります。
◇『琉大ゴールドカレー』<2017/08/15>
ryudaigoldcurry-1-B.jpg

◇『ハブカレー』<2017/09/09>
habukare-1-B.jpg


この他にもまだまだ沖縄レトルトはたくさんあるので、また後日いろいろといただいて
みたいと思います。

web拍手 by FC2
  1. 2017/09/09(土) 20:00:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

『ス~リヤ食堂』~緑豊かな本部の山の中で、本格南インドカレーを味わう~

suryashokudo-1-01.jpg
本部町伊豆味の「ス~リヤ食堂」は本格南インドカレーを提供するお店です。本部の静か
な山の中に位置し、民家を改装したとても雰囲気の良いお店です。

suryashokudo-1-02.jpg
お店は沖縄らしい白い屋根瓦が印象的な建物になっています。周りにはバナナなど多数の
植物が植えられていて周りの風景ともなじんでいます。建物は昔からこの場所に建って
いた民家なのでしょうね。けっこう年季を感じます。

◆「ス~リヤ食堂」のメニュー(クリックで大きく表示)
suryashokudo-1-03.jpg
本格的な南インドカレーが味わえますが、「チキン」と「野菜」そしてその2つを合わせ
た「チキン&野菜」の定食を用意しています。メニューの裏側はおすすめのおいしい
食べ方や説明書きなどが書かれています。あまり馴染みのない南インドカレーのいただき
方が分かってとても参考になります。なお、お店自慢のカレールーは注文販売も受け付け
ているようです。

◆「ス~リヤ食堂」のお店の風景
suryashokudo-1-04.jpg
suryashokudo-1-05.jpg
suryashokudo-1-06.jpg
入り口から入ってすぐは土間になっていて、机やカウンターが置かれている他、調理場や
会計をするレジも入り口すぐの場所にあります。土間の横は畳の間になっていて、昔なが
らの沖縄の民家という感じでとても雰囲気がいいです。ところどころ小物などは置かれて
いますが、比較的シンプルなインテリアになっています。

◇『南インドカレー定食(チキン)』(1,100円)
suryashokudo-1-07.jpg
今回は南インドカレー定食の中から「チキン」(1,100円)をお願いしました。注文時に
「コリアンダーとパクチー」を入れますか?と聞かれ入れてもらうようお願いしました。
しばらくして運ばれてきた「南インドカレー定食(チキン)」はステンレスのお皿の上に
2種類のカレーとご飯に野菜の天ぷら、野菜の炒め物がのせられていて、その上にパパド
と呼ばれるものがのせられています。

suryashokudo-1-08.jpg
2種類のカレーがプレートにはのせられていますが、左は「サンバル」という野菜と豆の
カレーで、右はチキンのカレーなのだそうです。スパイシーな香りとパクチーも相まって
エスニックな感じでなかなか面白いですね。

suryashokudo-1-09.jpg
左の炒め物は「ポリヤル」というそうで、ニンジンやインゲンなどを炒め合わせた
シンプル炒め物です。右は「パコラ」というお野菜の天ぷらだそうで、お芋などをカリッ
とした食感に仕上げています。

suryashokudo-1-10.jpg
一番上にのせられたパパドは解説によるとお豆のおせんべいということですが、細かく
砕いてご飯やカレー、その他の炒め物などと一緒にいただくのがおいしいのだそうです。
カレーはとてもスパイシーで後からじわじわと辛さが来ますが、程よい辛さでとても
おいしいです。2種類のカレーとご飯にパパド、そして付け合わせやお漬け物などを
いろいろな組み合わせで楽しめるのはとてもいいですね。
今回は南インドカレー定食から「チキン」をいただきましたが、普段なかなか味わえない
カレーはスパイシーでとてもおいしかったです。次回訪問時はもう一つの野菜のカレーを
いただいてみたいと思います。


suryashokudo-1-11.jpg
ス~リヤ食堂
住所:沖縄県国頭郡本部町伊豆味378-1
電話:0980-43-0358
営業時間:11:30~16:00
定休日:木・金曜日
お店のBLOG:http://suryashokudo.ti-da.net
web拍手 by FC2
  1. 2017/08/23(水) 23:00:00|
  2. カレー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

カテゴリ

★沖縄本島北部★ (1)
★沖縄本島中部★ (1)
★沖縄本島南部★ (1)
おしゃれカフェ (57)
眺めカフェ (44)
沖縄そば (69)
沖縄食堂 (40)
海鮮食堂 (48)
ハンバーガー (11)
ラーメン (17)
カレー (12)
古民家食堂 (4)
和  食 (4)
洋  食 (16)
中  華 (6)
その他 (18)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

のり

Author:のり
沖縄の北部を中心に素敵なお店やおいしいお店、沖縄のいろいろを紹介できればと思います。不定期ですが、良ければ見てください。

FC2カウンター

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR